コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢漿草 カタバミ

デジタル大辞泉の解説

かたばみ【酢漿草】

カタバミ科の多年草。道端などに生える。茎は地をはい、多数の小枝を出す。葉は3枚の小葉からなる複葉で、紅紫色のものもあり、夜は閉じる。春から秋、黄色い5弁花を開く。果実は円柱形で、熟すとはじけて種子を飛ばす。全体に蓚酸(しゅうさん)を含み、酸味がある。すいものぐさ。こがねぐさ。 夏》「蔵の陰―の花珍らしや/荷兮
紋所の名。カタバミの葉を図案化したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

酢漿草 (カタバミ)

植物。マメ科の越年ウマゴヤシの別称

酢漿草 (カタバミ・ソジョウソウ)

学名:Oxalis corniculata
植物。カタバミ科の多年草,薬用植物

酢漿草 (カタバミ)

植物。田字草の別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

酢漿草の関連キーワード剣酢漿草酒井忠篤蓚酸紋章

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酢漿草の関連情報