コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川興元 ほそかわ おきもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川興元 ほそかわ-おきもと

1564-1619 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)7年生まれ。細川幽斎の次男。細川忠興(ただおき)の弟。織田信長,豊臣秀吉,徳川家康につかえる。慶長15年下野(しもつけ)(栃木県)茂木(もてぎ)藩主。1万石。大坂の陣の功により元和(げんな)2年常陸(ひたち)(茨城県)谷田部藩主細川家初代となる。1万6200石。元和5年3月18日死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の細川興元の言及

【細川氏】より

…(1)室町時代の守護大名(図1)。足利氏の祖である清和源氏源義康の次男義清から出た。義清の孫義季のとき,本家の三河守護足利義氏に従って下野から三河に移り,細川(現,岡崎市北部)の地を本拠とし,細川氏を称した。鎌倉期は所領も狭小で,足利氏の惣領的支配に従属する小領主にすぎなかった。元弘・建武の争乱に際し足利尊氏に従った細川一族は各地で戦功を挙げ,ことに1335年(建武2)の尊氏離反後は,俊氏の孫定禅らが四国,中国方面の軍勢催促に活躍,翌年尊氏の西下に当たり細川顕氏,和氏,定禅らは四国における足利方の再建をゆだねられ,以後同氏が四国に勢力を扶植する端緒となった。…

※「細川興元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

細川興元の関連キーワード五十川了庵細川興昌松井康之茂木藩永禄

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android