コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞外基質 サイボウガイキシツ

デジタル大辞泉の解説

さいぼうがい‐きしつ〔サイバウグワイ‐〕【細胞外基質】

生体を構成する体細胞の外側にある線維状や網目状の構造体。動物の場合、コラーゲンヒアルロン酸プロテオグリカンなどが主な成分。細胞と細胞の間を満たし、生体組織を支持するだけでなく、細胞の増殖・分化・形質発現の制御にも重要な役割を果たしている。細胞外マトリックスECM(extracellular matrix)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

細胞外基質の関連キーワードジストログリカン足場非依存性増殖原索動物細胞骨格足場材料軟骨基質

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android