組合主義(読み)くみあいしゅぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

くみあい‐しゅぎ くみあひ‥【組合主義】

〘名〙 労働組合の活動を政治から分離して経済闘争に限定し、資本主義のもとで、労働運動の目的を達成しようとする立場。イギリスのクラフトユニオニズム(職業別組合主義)がその典型であり、国際自由労連系の労働組合はこの立場をとる。労働組合主義

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android