コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組織内民主主義 そしきないみんしゅしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組織内民主主義
そしきないみんしゅしゅぎ

組織内部の意思決定過程に一般構成員の広範な参加を保障しようとする考え方。共通の目標を決定するとともに,その決定を遂行するという2重の目的をもつ組織にあっては,官僚制化によって民主的な過程がくずされる危険が常につきまとっている。特に,私的な結社から公的な組織体へと発展した政党において,この問題が最も鮮明に現れる。政党組織において「反対意見の自由」の不可欠性が繰返し説かれるゆえんである。またそこでは上記の二重の目的を同時に実現する必要がことのほか強く,共産主義を目指す革命政党の場合は民主集中制という方式がとられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android