コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経つ タツ

デジタル大辞泉の解説

た・つ【経つ】

[動タ五(四)]《「立つ」と同語源》
時が過ぎる。「日が―・つ」「いつまで―・っても帰ってこない」
ろうそくや油などが燃え尽きる。
「線香は、まだ半分も―・って居ない」〈菊池寛・名君〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつ【経つ】

( 動五[四] )
〔「立つ」と同源〕
時・時間が経過する。 「時が-・つ」 「時間が-・つ」 「もう少し-・ってから…」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

経つの関連キーワードオールド・ギター[old guitar]アズ・タイム・ゴーズ・バイ土浦市の生ごみ分別収集早い・速い・疾い・捷いおやっと!消えるペン人感センサー付き照明筋肉、腱、靱帯の損傷子どもの便秘と対策時の過ぎゆくままに今いくよ・くるよ明治三陸沖地震シュリンケージ定額法・定率法スライドショーパーマリンク言ひ甲斐無し超新星残骸キンメダイ旧る・古る太陽面座標

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経つの関連情報