コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経る/歴る ヘル

2件 の用語解説(経る/歴るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へる【経る/歴る】

[動ハ下一][文]ふ[ハ下二]
時日が過ぎる。時がたつ。「20年の歳月をて工事が完成した」
その場所を通る。通過する。経由する。「アメリカをてヨーロッパへ行く」
ある定まった過程・道筋を通る。「委員会の審議をへる」「多くの困難をて成功した」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へる【経る】

( 動下一 ) [文] ハ下二 ふ
〔「綜」と同源〕
ある場所を順次通って行く。経由する。 「京都をて大阪へ行く」 「何人もの手をて今の持ち主のものとなった」
時がたつ。年月がすぎる。 「多くの年月をへる」 「なんでもかたちは猿のかうらをたのだぜ/西洋道中膝栗毛 魯文
ある過程・段階などを通る。経過する。 「審査をて採用される」 「紆余うよ曲折をて結ばれた」
歳月を過ごす。 「なほ世にまじき心地しければ/大和 150

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone