コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過ぎる スギル

2件 の用語解説(過ぎるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

す・ぎる【過ぎる】

[動ガ上一][文]す・ぐ[ガ上二]
ある場所を通り越す。通過する。通りすぎる。「列車は京都駅を―・ぎた」「優勝パレードが―・ぎて行った」「嵐が―・ぎる」
時間が経過する。時がたつ。時が移り、その時間・時期が終わりになる。「予定の時間が―・ぎる」「―・ぎた昔を懐かしむ」「夏休みもあっけなく―・ぎた」「盛りを―・ぎる」
一定の数量をこえる。「六十を―・ぎても髪は黒々している」「二十(はたち)を―・ぎる」
普通の程度・水準をこえている。「いたずらが―・ぎる」「わがままが―・ぎる」
(「…にすぎる」の形で)つりあわないほどすぐれている、勝(まさ)る。分以上である。「彼には―・ぎた女房だ」「これに―・ぎる名誉はない」
(「…にすぎない」の形で)ただ…であるだけのことである。それ以上のものではない。…でしかない。「小学校時代はごく平凡な生徒に―・ぎなかった」「今日の事件は氷山の一角に―・ぎない」
(動詞の連用形、形容詞・形容動詞の語幹などに付いて)行為・状態などが度をこえている。はなはだしく…する。または、はなはだしく…である。「めだち―・ぎる」「働き―・ぎる」「テレビの音が大き―・ぎる」「欲がなさ―・ぎる」「地味―・ぎる着物」
生活する。生計を立てる。
「薪をとりて世を―・ぐるほどに」〈宇治拾遺・一〉
一生が終わる。死ぬ。
「ま草刈る荒野にはあれど黄葉(もみぢば)の―・ぎにし君が形見とそ来(こ)し」〈・四七〉
10 やりすごす。
「そしり笑はるるにも恥ぢず、つれなく―・ぎてたしなむ人」〈徒然・一五〇〉
[下接句]口が過ぎる言葉が過ぎる度が過ぎる身に過ぎる偃鼠(えんそ)河に飲むも満腹に過ぎず思い半ばに過ぐ鷦鷯(しょうりょう)深林に巣くうも一枝(いっし)に過ぎず白駒(はっく)の隙(げき)を過ぐるが如(ごと)し

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すぎる【過ぎる】

( 動上一 ) [文] ガ上二 す・ぐ
その場所を通ってさらに先へ行く。通過する。 「京都は-・ぎた。もうじき大阪だ」
時間が経過する。時がたつ。 「就職してはや一年が-・ぎた」
その時刻・期間・時期が終わる。 「もう六時を-・ぎた」 「冬が-・ぎて春となる」
物事の盛りが終わる。 「花は盛りを-・ぎてしまった」
物事が済む。終わる。 「祭-・ぎぬれば、後の葵不用なりとて/徒然 138
物事がある水準を越える。
(良くないことについて)許される程度を越す。 「悪ふざけが-・ぎる」 「言葉が-・ぎる」 「冗談が-・ぎる」 「口が-・ぎる」 「度が-・ぎる」
(良いことについて)その人にふさわしい程度以上である。 「花子は私には-・ぎた女房です」
他のものに比べて優れている。 「身帛体魁偉、腕力人に-・ぎ/日本風景論 重昂
(「これに過ぎる…はない」の形で)これ以上の…はない。この上なく…である。 「これに-・ぎる光栄はございません」
日をくらす。生計をたてる。 「商あきないをして-・ぎよ/御伽草子・物臭太郎」
(動詞の連用形、形容詞・形容動詞の語幹に付けて)程度や限度を超える。 「少し言い-・ぎた」 「高-・ぎて手が届かない」
(「…に過ぎない」「…に過ぎぬ」の形で)ただそれだけのことである。 「大臣の答弁は言い逃れに-・ぎない」 「解脱は便法に-・ぎぬ/野分 漱石
「死ぬ」を婉曲に言う語。 「黄葉もみちばの-・ぎにし君が形見とそ来し/万葉集 47

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過ぎるの関連キーワード食べ過ぎる出過ぎる通り過ぎる寝過ぎる言過ぎる行過ぎる打過ぎる食過ぎる走り過ぎる焼過ぎる

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過ぎるの関連情報