コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移る/遷る ウツル

デジタル大辞泉の解説

うつ・る【移る/遷る】

[動ラ五(四)]
位置が変わる。
㋐場所や地位・配置などが変わる。「新居に―・る」「営業部に―・る」
㋑(遷る)移転する。「都が―・る」

㋐関心の対象が変わる。「興味がほかに―・った」
㋑物事や人の性質・傾向・状態などが変わる。「次の議題に―・る」「すぐさま行動に―・る」
時間が過ぎる。「時代が―・る」
色やにおいなどが他の物に染みつく。「石鹸(せっけん)のにおいが―・る」
病気や物の勢い・傾向などが他に及ぶ。「風邪が―・る」「火が隣家に―・った」「父の癖が子供にも―・る」
時が経過して色があせる。色がさめる。
「花の色は―・りにけりないたづらに我が身よにふるながめせしまに」〈古今・春下〉
花や葉が散る。
「今日だにも庭を盛りと―・る花消えずはありとも雪かとも見よ」〈新古今・春下〉
霊魂などがのりうつる。
「物の怪(け)、生霊(いきすだま)などいふもの、多く出で来て、さまざまの名のりする中に、人にさらに―・らず」〈・葵〉
[可能]うつれる

ゆつ・る【移る】

[動ラ四]経過する。うつる。
「天の原富士の柴山木(こ)の暗(くれ)の時―・りなば逢はずかもあらむ」〈・三三五五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆつる【移る】

( 動四 )
時間が経過する。うつる。 「松の葉に月は-・りぬ/万葉集 623

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

移る/遷るの関連キーワードグライド[glide]カウンターアタック俎上の魚江海に移る張り差し・張差しカチオノトロピー気が変わる野の宮の祓俎上・爼上大年越し食品流通気が移る略奪農業抵当流れ相転移すだま立退き都遷り過渡的万葉集夜逃げ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android