コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経伝釈詞 けいでんしゃくしJing-zhuan shi-ci

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経伝釈詞
けいでんしゃくし
Jing-zhuan shi-ci

中国,清の字書。王引之の著。 10巻。嘉慶3 (1798) 年頃成立。ここで「詞」というのは虚字 (指示詞,接続詞,助詞,副詞など) のことで,前漢までの古典に出てくる虚字約 160について詳しい解説をしたもの。虚字の多くはあて字であるため,実字としての原義で解釈しては誤ることが多いとして,むしろ音の相通の面から意味の連関をみる態度で書かれ,配列も喉,牙,舌,半舌,歯,半歯,唇の「七音」の順になっている。やや欠点も認められるが,今日でも古典解読のための必須の書である。孫経世の『経伝釈詞補・再補』と合刻されることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

経伝釈詞の関連キーワード助字弁略考証学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android