コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済政策のタイムラグ けいざいせいさくのタイムラグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済政策のタイムラグ
けいざいせいさくのタイムラグ

経済政策必要性が認識されてから,政策が実行に移されるまでに要する時間的な遅れのこと。政策の必要性が認識されるまでのラグ (認知のラグ) ,必要性に応じた政策が決定されるまでのラグ (決定のラグ) ,決定された政策が実行に移されるまでのラグ (実施のラグ) の3つに分かれる。これらのタイムラグが長いほど経済の混乱は深刻化することになる。一般に,財政政策は金融政策に比べてラグが長いといわれているが,これは前者が予算措置を伴うために,国会などの審議により決定のラグが長くなることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android