経済林(読み)けいざいりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「経済林」の解説

経済林
けいざいりん

林木を計画的に育成し,経済的に利用することを目的とする森林,すなわち生産業の対象としての森林をさす。天然林原始林,あるいは保安林保護林に対応して使われる用語。天然林は原生のままの森林であるが,伐採の目的で林道がつけられ,計画的に植林を行い,林産品が育成されるようになれば,経済林としての性格が出てくる。日本の林業は,天然林の伐採とその輸送を行う採取的林業から出発したが,次第に人工植林,用材の計画生産などの経済性を伴った育成的林業の性格を強め,現在では有数の育成的林業国として知られている。世界的にみるとまだ採取的林業国のほうがはるかに多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android