コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済統合協定 ケイザイトウゴウキョウテイ

1件 の用語解説(経済統合協定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいざいとうごう‐きょうてい〔ケイザイトウガフケフテイ〕【経済統合協定】

二つの国または地域の間で、関税などの貿易障壁を撤廃するだけでなく、産業や経済に関する規制・制度を共通化することによって、より統合された経済関係を構築する目的で締結する協定。経団連EUと日本の間での締結を呼びかけている。EIA(Economic Integration Agreement)。
[補説]関税・サービス貿易などの障壁を取り除く自由貿易協定FTA)、さらに、投資や人の移動を自由化し、知的財産保護や経済協力など幅広い分野で協力する経済連携協定EPA)に対し、経済統合協定(EIA)は、特許制度政府調達の基準・環境規制など国内制度の統合にまで踏み込んで障壁の撤廃を図り、市場統合を目指す。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone