コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経賢 きょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

経賢 きょうけん

?-? 南北朝時代の僧,歌人。
頓阿(とんあ)の子。貞治(じょうじ)3=正平(しょうへい)19年(1364)の「新拾遺和歌集」の撰定で父をたすける。「年中行事歌合」「新玉津島社歌合」などに出席。父の没後仁和寺にあった山荘蔡花園(さいけえん)と常光院後継者となる。のち法印権大僧都(ごんのだいそうず)。歌は「新続古今和歌集」などの勅撰集にある。通称は妙法院法印。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

経賢の関連キーワード南北朝時代末法思想藤原資経物の本岩国藩尭尋頓阿歌人

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経賢の関連情報