コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経賢 きょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

経賢 きょうけん

?-? 南北朝時代の僧,歌人。
頓阿(とんあ)の子。貞治(じょうじ)3=正平(しょうへい)19年(1364)の「新拾遺和歌集」の撰定で父をたすける。「年中行事歌合」「新玉津島社歌合」などに出席。父の没後仁和寺にあった山荘蔡花園(さいけえん)と常光院後継者となる。のち法印権大僧都(ごんのだいそうず)。歌は「新続古今和歌集」などの勅撰集にある。通称は妙法院法印。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

経賢の関連キーワード南北朝時代末法思想藤原資経物の本岩国藩尭尋頓阿歌人

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android