コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経験の歌 けいけんのうたSongs of Experience

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経験の歌
けいけんのうた
Songs of Experience

イギリスの詩人 W.ブレークの挿絵入りの詩集。 1794年刊。経験の世界が外部の圧制に対する反抗に満ちていることを歌った情熱的な作品集。『無垢の歌』と対をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいけんのうた【経験の歌】

Songs of Experienceブレークによる詩画集。1789年に刷られた「無垢の歌」との合本「無垢と経験の歌」(1794年刊)の形でのみ存在し、単独の作品集はない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経験の歌
けいけんのうた
Songs of Experience

イギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの詩画集。1793年、各葉とも印刷彩色を終え、翌1794年から『無垢(むく)の歌』と合本の形で仮綴(かりとじ)し、出版された。著名な「虎(とら)」「毒の木」「病めるバラ」など、本ごとに異同があるが21~28編の詩からなる。多くは『無垢の歌』の各詩編と対応しながら、無垢を脅かす実在の暗黒面を歌っており、この二つの詩集は「恐ろしいシンメトリー」をなしている。[土岐恒二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

経験の歌の関連情報