コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経験的心理学 けいけんてきしんりがくempirical psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経験的心理学
けいけんてきしんりがく
empirical psychology

経験的な事実を重視し,観察や実験を通じて理的現象の特性や法則を研究する心理学。心についての特定の先験的命題を設定し,そこから演繹によって心的現象の説明を志す理性的心理学と対立する。また実験心理学に対し,実験を経ずにもっぱら経験的実証に重きをおく心理学である。特に F.ブレンターノの経験的方法を重視した研究も経験的心理学と呼ばれることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

経験的心理学の関連キーワードテーテンス鎌田柳泓

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android