コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実験心理学 じっけんしんりがくexperimental psychology

6件 の用語解説(実験心理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実験心理学
じっけんしんりがく
experimental psychology

実験的方法を研究の手段とする心理学の意であるが,一般的には人間の精神現象あるいは動物や人間の行動の研究に実験的方法を適用し,人為的に統制された実験室内で組織的な条件変化を加えた際の現象や行動の変化を観察,記述しようとする心理学の分野を総称していう。狭義には,心理学実験の方法そのものの組織的研究という意味にも用いられる。歴史的には,19世紀,G.T.フェヒナー精神物理学を構築し,1879年,W.ブントライプチヒ大学に世界最初の心理学実験室を設けたときに,実験心理学の基礎が確立されたといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じっけん‐しんりがく【実験心理学】

精神現象および行動の研究に実験的方法を用いる心理学。方法による区分なので、研究領域は限定されないが、一般に知覚や学習についての基礎的研究をさすことが多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

実験心理学【じっけんしんりがく】

心理的事象の研究に実験的方法を適用する心理学。英語ではexperimental psychology。1879年W.ブントが心理学実験室を創設し,哲学的・思弁的心理学に対し,物理学的・生理学的方法を導入,科学的心理学を主張したのが初めである。
→関連項目ジェームズティチナー松本亦太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じっけんしんりがく【実験心理学 experimental psychology】

心理学の発達とともにその意味する内容は複雑多岐にわかれ一定していないが,狭義には厳密な実験的方法によって正常な成人の感覚,知覚,記憶,学習,思考,感情などにおける一般的傾向に関して,個人的行動と言語報告からえられた事実のみによって構成された心理学を意味する。このような態度はフェヒナーの《精神物理学要論》(1860)に端を発しているが(精神物理学),ブントが形を整えた。彼はライプチヒ大学に世界最初の正式な心理学実験室を開設し(1879),この用語を使用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じっけんしんりがく【実験心理学】

精神活動や行動を実験的方法で研究する心理学の総称。一九世紀後半にフェヒナーやブントによって確立され、現代心理学の主流をなす。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実験心理学
じっけんしんりがく
experimental psychology

思弁的心理学に対し、実験的方法を用いて研究する心理学。自然科学の実験法を採用したフェヒナーの精神物理学やブントの内観法に始まるといわれる。しかし、実験法を導入した初期には、心理学で扱う事象は感覚などの内観報告を含む実験の領域に限られていた。その後、20世紀に入ってワトソン行動主義を契機として、複雑な高等精神機能についても実験的方法が適用されるようになり、広い領域にわたって行動の実験的研究が行われている現在では、初期の意義は失われている。広義には科学的心理学scientific psychologyと同じ意味で、研究領域も個人心理に限らず発達心理、比較心理、社会心理にわたっている。狭義には実験心理学の方法論を意味し、精神物理的測定法psychophysical method、実験美学的方法experimental aesthetic methodなどの実験法を扱い、調査、検査、臨床などの非実験法に対置して用いられることもある。また、厳密な実験的事実の集まりから構成され、直接、理論体系とは関係しないものとして、理論心理学theoretical psychologyに対置されることもある。[小川 隆]

実験心理学の発展

初期の実験心理学では、直接経験(意識)の内観introspectionが重視され、構成主義的な立場から意識内容を心的要素と対応づけることがもっぱら目ざされたが、内観には公共性を欠く点が、また人工的な心的要素の構成が批判され、明確に客観化される行動の観察、他面、心的要素の構成と離れた記述が関心をもたれるようになった。実験的行動分析experimental analysis of behaviorなど今日の行動観察では、パブロフの条件反射の実験法に影響された小単位の受動的反応に限らず、能動的な全体的行動を制御する条件づけの実験法が考案されている。一方、高次の心的過程を扱う認知心理学cognitive psychologyでは、心的過程を階層的な情報処理過程としてとらえ、直接には観察されない模型(仮説的構成)を含む事象の研究が進められている。実験心理学の方法は他の諸科学の場合と同様、実験条件の制御、観察事実(報告)の選択、実験記録(報告)の処理に関係する。今日では学際科学の進歩を取り入れた実験装置、記録装置の改良、実験計画法design of experimentsの利用が実験方法をいっそう精緻(せいち)にしている。[小川 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の実験心理学の言及

【ブント】より

…ドイツの心理学者,哲学者。実験心理学の創始者であり,近代心理学は彼とともに始まったとされる。最初は医学を志し,チュービンゲン,ハイデルベルク,ベルリンの各大学に学んだ。…

※「実験心理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実験心理学の関連情報