結晶モノクロメーター(読み)ケッショウモノクロメーター

化学辞典 第2版の解説

結晶モノクロメーター
ケッショウモノクロメーター
crystal monochromator

白色X線を単色化するのに用いる結晶.単結晶のX線回折についてはブラッグ条件が成立するので,入射X線単結晶を固定し,特定の格子面でX線を回折させると,X線フィルターによる単色化によりノイズの少ない単色X線を得ることができる.LiF,水晶,グラファイト,ケイ素などの単結晶が用いられることが多い.難点は得られた単色X線の強度が弱いことと,強度の均一なX線束の十分に広いものが得にくいことである.平板上のもの,湾曲上のものなどが使い分けられる.中性子線用のモノクロメーターも同じ原理による.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android