コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶体 ようたいsolution

翻訳|solution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶体
ようたい
solution

2種以上の物質が均一相をなす混合物固相のときを固溶体液相のときを溶液気相のときを混合気体という。空気窒素酸素を主成分とする混合気体であり,黄銅(真鍮)は亜鉛の固溶体である。すべての気体は常圧なら混合が可能であるが,高圧下ではその性質は限定的となる。多くの金属は液相で混合することができる(→合金)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐たい【溶体】

2種以上の物質が均一な混合物をつくっているもの。混合物が液体の場合は溶液、固体の場合は固溶体、気体の場合は混合気体という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

溶体

液体状態にある均一な混合物.固体状態をとる場合は固溶体という[長倉ほか : 1998].一般には液体成分(溶媒)の中にこれより少量の固体,液体または気体成分が溶質として溶解したものであるが[片山ほか : 1970],固溶体(solid solution),熔融体または溶液(liquid solution)および気溶体(gaseous solution)のすべて,あるいは一部の総称という考えもある[ゴードン : 1971].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようたい【溶体 solution】

均一な相からなる混合物。均一な相が気体である場合は混合気体,液体の場合は溶液,固体である場合は固溶体という。ただし,混合気体は条件(低温においてとか,成分の分子量の差が大きいとか)によって,不均一になる場合もありうる。一般に混合物は,各成分に分離する場合に,外からそれほど大きなエネルギーを加えないで容易に分離できるもの(たとえば,ふるいやフィルターで分けるとか,弱い遠心力をかけるとかだけで分離できるもの)と,かなりのエネルギーを外から加えて(たとえば加熱するとか強い遠心力をかけるなど)はじめて分離できるものとに分けられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようたい【溶体】

二種以上の物質から成る均一な混合物。気相の場合は混合気体、液相の場合は溶液、固相の場合は固溶体という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

溶体の関連キーワードヒューズ(電気回路)レーザー表面処理カーボンスチール連続化学組成変化ユートロピックソリューションウルボスピネルヒドロナリウム方キューバ鉱ベリリウム銅濃度(化学)スピノーダル溶体化処理マンガン鋼カイル鉱鉄橄欖石AA記号累帯組織人工時効規則格子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android