コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結着剤 けっちゃくざい binding materials

4件 の用語解説(結着剤の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

結着剤

たんぱく質食品の保水性や弾力性を高める、変性を防止するといった役割で使われる物質。リン酸一ナトリウムなどの正リン酸塩や、ポリリン酸ナトリウムなどの重合リン酸塩が結着剤として用いられている。かまぼこ、ハム、ソーセージ、成型肉などに食品添加物として広く使われているが、中にはカルシウムの吸収を阻害するなど人体に悪影響を及ぼしうる物質もある。また、二つ以上のブロック肉を一つに結びつけるため、粉砕肉や小麦粉などのつなぎに結着剤を入れたものを用いることも多い。この場合、熱を十分に通さないと食中毒の危険性が高まるため、ローストビーフなどへの使用は食品衛生法で禁じられている。

(2013-12-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けっちゃく‐ざい【結着剤】

食品の形状を保ち、保水性を高める食品添加物カゼインリン酸塩などが知られ、ハム、ソーセージ、魚肉練り製品などで利用される。安定剤。糊料。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

結着剤

 ハム,ソーセージ,魚肉練り製品の製造に際し,肉の結着性や保水性を高める目的で用いる物質.例えば,ポリリン酸ピロリン酸カリウムなど.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けっちゃくざい【結着剤】

食品添加物の一。ソーセージなどの肉・魚肉製品の加工の際、保水力や弾力を高めるために加えられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結着剤の関連キーワードアポタンパク質エネルギー-タンパク質比可消化タンパク質高タンパク質食高タンパク質食品色素タンパク質ダイズタンパク質食品低タンパク質食低タンパク質食品動物性タンパク質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結着剤の関連情報