コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絓糸 シケイト

デジタル大辞泉の解説

しけ‐いと【×絓糸】

繭の上皮からとった粗末な絹糸。節が多く、太さもふぞろいで、織物横糸などに用いる。しけのいと。しけ。

すが‐いと【×絓糸】

よりをかけず、そのまま1本で用いる生糸白髪糸(しらがいと)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しけいと【絓糸】

繭の外皮の部分に当たる、太さにむらのある粗悪な絹糸。しけ。

すがいと【絓糸】

りをかけない一本の生糸。日本刺繡などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絓糸の関連キーワード絓糸織り・絓糸織屑糸織り・屑糸織絓織り・絓織シャンタン屑糸織絓縫い信州紬絓糸織髪置き平絹絓織釜糸絓紋外皮絓絹絓凧

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絓糸の関連情報