五分(読み)ゴブ

  • ごふん

デジタル大辞泉の解説

尺貫法で、1寸の半分の長さ。約1.5センチ。「一寸の虫にも五分の魂」→1
1割の半分の割合。100分の5。5パーセント。「五分の手数料」「市価の五分引き」→歩合
物事の半ば。半分。「五分通り出来上がる」
双方に優劣の差がないこと。五分五分。「試合を五分に持ち込む」「五分に渡り合う」
(あとに打消しの語を伴って用いる)ほんのわずか。「五分のすきもない」
昔、牛鍋屋などで、1の長さに切ったネギをいった語。
「生肉(なま)の代(かわり)に、―の代を持って来い」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一寸の半分の長さ。約一・五センチメートル。
※徒然草(1331頃)六六「枝のながさ七尺、或六尺、返し刀五分に切る。枝の半に鳥を付く」
② 一割の半分。百分の五。五パーセント。
③ 物事の度合がわずかであること。少々。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「為朝聞給ひて、こころに五分(ゴブ)の憤(いきどほり)あれども、色にも見(あらは)し給はず」
④ 物事のなかば。また、程度が半分くらいであること。半々。「成功の見込みは五分だ」
⑤ 双方に上下優劣のないこと。五分五分。
⑥ 長さを一寸の半分ぐらいに切ったねぎ。ごぶねぎ。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「つひでに五分葱(ゴブ)とお香のものをサ」
〘名〙
① 一分の五倍の量を表わす語。
② 江戸時代、元祿(一六八八‐一七〇四)頃の、最下等の遊女の揚げ代。銀五分(ふん)であった。また、その遊女の位の称。五分取。五分女。五分蔵。
※浮世草子・好色貝合(1687)上「同じ人間とは申せども、上太夫より下五分(ごフン)にいたる事、さても甲乙あるものは遊女の品ぞかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五分の関連情報