コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五分 ゴブ

デジタル大辞泉の解説

ご‐ぶ【五分】

尺貫法で、1寸の半分の長さ。約1.5センチ。「一寸の虫にも五分の魂」→1
1割の半分の割合。100分の5。5パーセント。「五分の手数料」「市価の五分引き」→歩合
物事の半ば。半分。「五分通り出来上がる」
双方に優劣の差がないこと。五分五分。「試合を五分に持ち込む」「五分に渡り合う」
(あとに打消しの語を伴って用いる)ほんのわずか。「五分のすきもない」
昔、牛鍋屋などで、1の長さに切ったネギをいった語。
「生肉(なま)の代(かわり)に、―の代を持って来い」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごぶ【五分】

一寸の半分の長さ。約1.5センチメートル。 「一寸の虫にも-の魂」
一割の半分。5パーセント。 「 -の利息」
全体の半分。半ば。 「 -の仕上がり」
双方優劣がないこと。五分五分。 「 -にわたり合う」
ごくわずかな量・程度。
五分の長さに切ったねぎ。すき焼きなどに入れるねぎ。ごぶねぎ。 「ねへさん生で一合。-も一処にたのむ/安愚楽鍋 魯文
[句項目] 五分も透かぬ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五分の関連情報