コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対地代 ぜったいちだいabsolute Grundrente; absolute ground rent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対地代
ぜったいちだい
absolute Grundrente; absolute ground rent

差額地代とともに資本制地代の基本的形態の一つとされるマルクス経済学の用語。差額地代がいわば土地の生産性の差によって生じるものとすれば,絶対地代は土地の私的所有それ自体から生じる地代である。 K.マルクスによれば,農業部門の資本の有機的構成は平均的産業部門の資本の有機的構成よりも低度であり,かつ土地の私的所有の存在によって利潤率の平準化は行われがたい。この結果として,農産物の価値は生産価格を上回り超過利潤を実現しうることとなる。この超過利潤が絶対地代の源泉となるとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の絶対地代の言及

【資本論】より

… またマルクスは,農業部面の有機的構成が低いために生じた比較的大きい剰余価値が,土地所有による競争の制限のため,農業部面に抑留され,資本制土地所有に起因する地代を生む,と説く。これがいわゆる〈絶対地代〉であるが,マルクスはそれが,どの借地農業者によって,どういう形で,地代化されるのかを明らかにしていないし,農業の有機的構成が高くなれば消えるはずの絶対地代が,いかにして資本制土地所有に起因する地代たりうるのか,についても説明していない。(3)〈収入〉 マルクスは,〈資本―利子,土地―地代,労働―賃金〉という,所得源泉と所得との対応形式を,スコラ哲学のいう父と子と聖霊との,神の三位一体説をもじって,〈三位一体定式〉と名づけ,それを俗流経済学的ドグマとして揶揄(やゆ)しようとした。…

【地代】より

… 農業地代,林業地代,鉱山地代など地代を生み出す産業別に区別された地代の呼名がある。 資本制地代は,(1)差額地代differential rent,(2)絶対地代absolute ground‐rent,(3)独占地代monopolistic rent,(4)代替費用地代(=機会費用地代),に大別される。 さらに地代を歴史的にみると,先資本制地代と資本制地代に分けられ,先資本制地代はさらに,封建地代と過渡的地代形態に区別される。…

※「絶対地代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

絶対地代の関連キーワードボルトキエービッチボルトキエビッチロートベルトゥス地代(ちだい)ホジスキン農産物価格林業地代土地所有地代論争地代論

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android