コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差額地代 さがくちだいDifferentialrente; differential rent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差額地代
さがくちだい
Differentialrente; differential rent

D.リカードによって提唱され,K.マルクスによって確立された資本制地代の基本的形態の一つ。マルクスによれば差額地代には2つの形態があり,第1形態の差額地代は土地の豊度,位置の差に基づいて発生する。すなわち農産物の市場価格は,資本みずからが生産することのできない土地その他の自然的条件の制約のため,最劣等地の農産物の価格によって支配される。このため最劣等地よりも優良な土地の農産物の生産価格は当然市場価格を下回ることとなり,ここに超過利潤の転化形態としての差額地代が生み出されることとなる。これに対して差額地代の第2形態は,生産価格,利潤率,豊度の差などになんらの変化のない場合でも,資本の追加投資がなされていくに従って増加していく地代である。ただこの場合もあくまで第1形態が基礎であり,第1形態の変形にすぎない。つまり「第1形態がいわば横に展開するところを (第2形態は) 縦に展開するもの」 (宇野弘蔵) ということができよう。 (→絶対地代 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

差額地代【さがくちだい】

相対的にすぐれた自然諸条件を生産条件として営まれる農業から生じる超過利潤が,地代に転化されて土地所有者に支払われる場合,これを差額地代という。リカードが創唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さがくちだい【差額地代】

劣等地に比べ肥沃な土地の生産費は相対的に安くなるので、劣等地の生産物の価格が市場価格になると、肥沃地の生産物が生みだす超過利潤。リカードが唱えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の差額地代の言及

【資本論】より

…この超過利潤が,借地農業者の手から地主の手に移されて地代化される。これが差額地代である。土地の肥沃度または位置の差に基づくものを〈差額地代の第I形態〉,追加投資分の生産性の差に基づくものを〈第II形態〉とした。…

【地代】より

…たとえば,ある地域に通勤鉄道が敷かれれば,その地域の土地の限界生産性と限界効用はともに高まるから,その地域の土地の地代は他の地域の土地の地代に比較して上昇する。このように,さまざまな土地の地代の差,すなわち,差額地代はそれらの土地の限界生産性や限界効用の差を反映している。それに対して,D.リカードの差額地代説によれば,優等地と劣等地の価値生産性の差額が地代になる。…

※「差額地代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone