コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対等級 ゼッタイトウキュウ

4件 の用語解説(絶対等級の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜったい‐とうきゅう〔‐トウキフ〕【絶対等級】

天体を10パーセク(32.6光年)の距離から見たときの明るさを等級で表したもの。天体の真の明るさを比較するのに用いられる。→実視等級

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

絶対等級【ぜったいとうきゅう】

天体を10パーセク(32.6光年)の距離から見たときの光度の等級。天体の真の光度を比較するのに利用する。ふつう−5〜+10等,太陽は+5等。
→関連項目恒星光度ヘルツシュプルング=ラッセル図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

法則の辞典の解説

絶対等級【absolute magnitude】

地球から10パーセク(32.6光年)の距離に問題の星をおいたときの等級.1パーセクとは年周視差が角度で1秒である距離(3.26光年)を指す.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内の絶対等級の言及

【等級】より

…星は距離が違うだけでなく,実際の明るさもさまざまだから,それを比較するには星を10パーセクの距離においた等級に換算する。これを絶対等級(大文字Mで表す)という。距離がπパーセクの星では,Mm+5-5logπとなる。…

※「絶対等級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone