コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶弦/絶絃 ゼツゲン

デジタル大辞泉の解説

ぜつ‐げん【絶弦/絶×絃】

《中国で、の名人伯牙(はくが)が、自分の琴をよく理解していた鍾子期(しょうしき)が死ぬと、琴のを断ち切って二度と琴を弾かなかったという「呂氏春秋」本味の故事から》愛用の琴の弦を断つこと。転じて、親しい人と死別すること。また、なれ親しんだ物事や人と決別すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

絶弦/絶絃の関連キーワード断琴の交わり断弦・断絃鍾子期しき

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android