綏撫(読み)すいぶ

精選版 日本国語大辞典「綏撫」の解説

すい‐ぶ【綏撫】

〘名〙 (「ずいぶ」とも) 人々が安心するようにしずめおさめること。人々を慰めいたわること。鎮撫
※新論(1825)国体上「昔者天祖肇基天業、愛養蒼生、定天邑君、以綏撫之
※韓国併合の詔書‐明治四三年(1910)八月二九日「民衆は、直接朕か綏撫の下に立ちて」 〔志‐孫瑜伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綏撫」の解説

すい‐ぶ【××撫】

[名](スル)《「ずいぶ」とも》安らかになるようにしずめおさめること。慰めいたわること。
「天下ヲ―スル」〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「綏撫」の解説

【綏撫】すいぶ

安撫。〔三国志、呉、孫瑜伝〕の時、將、江西の人多し。瑜、心綏撫し、心を得たり。

字通「綏」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android