コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継体(けいたい)天皇陵 けいたいてんのうりょう

1件 の用語解説(継体(けいたい)天皇陵の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

継体(けいたい)天皇陵

「真の継体天皇陵」とされるのは大阪府高槻市にある6世紀前半(古墳時代後期)の前方後円墳(全長190m)の今城塚(いましろづか)古墳。ここから2004年2月、近畿で最初期の横穴式石室を示す石積みの排水溝(幅25cm、高さ30cm)と石室の入り口になる前庭部などが発見された。すでに内堤からは最大の家形埴輪(高さ1.7m)をはじめ人物、動物、器物など計113点以上の埴輪が見つかっており、王権儀礼の復元が進められている。なお02年11月には宮内庁が「継体陵」としている西約1.5kmの太田茶臼山(おおたちゃうすやま)古墳(茨木市)墳丘部が研究者に初公開され、継体没年より80年ほど古いと考えられる5世紀中ごろ(古墳時代中期)の円筒埴輪などが確認された。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

継体(けいたい)天皇陵の関連キーワード高槻三島江今城塚古墳広媛(1)広媛(2)振媛目子媛

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone