コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家形埴輪 いえがたはにわ

2件 の用語解説(家形埴輪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家形埴輪
いえがたはにわ

埴輪家ともいう。住居の形態を模した埴輪の一種。奈良県の佐味田宝塚古墳出土の家屋文鏡 (かおくもんきょう) などとならび,先史時代の住居形態を伝える貴重な資料である。群馬県の赤堀茶臼山古墳から出土した8個の埴輪は竪穴住居で,切妻造の屋根に堅魚木をあげた主屋と副屋から成り,地方豪族の住居構成をも示している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いえがたはにわ【家形埴輪】

古墳時代の埴輪の一種で、住居などの家をかたどった土製品。豪族の住居や高床倉庫を模したものが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の家形埴輪の言及

【形象埴輪】より

…その場合の形象埴輪とは,各種の人工物や自然物の形態をかたどった埴輪の意味である。さらにその対象によって細分すると,人工物をかたどったものに家形(いえがた)埴輪,器財埴輪があり,自然物をかたどったものに動物埴輪,人物埴輪がある。 形象埴輪の起源について,《日本書紀》には,垂仁天皇の時に野見宿禰(のみのすくね)が人馬および種々(くさぐさ)のものの形の埴輪を作って陵墓に立て,殉死に代えたことにはじまると記している。…

【埴輪】より

…また楕円形の円筒埴輪もみられる。 形象埴輪は,人物,動物や人工物をかたどったもので,家形埴輪,器財埴輪,動物埴輪,人物埴輪に細分される。家形埴輪のうちで,戸口と窓とを併設するものを住居とし,戸口のみで窓を欠くものを倉庫とみなしている。…

※「家形埴輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家形埴輪の関連キーワード円筒埴輪形象埴輪住居址埴輪大本はにぽん土師氏埴輪棺埴輪窯ナガレ山古墳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家形埴輪の関連情報