継続的債権関係(読み)けいぞくてきさいけんかんけい

世界大百科事典 第2版の解説

けいぞくてきさいけんかんけい【継続的債権関係】

一般的には,債権関係は,売買代金の一括支払のように,債務者の1回きりの給付によって,その目的を達して消滅する。しかし,ABにその所有建物を1ヵ月5万円の家賃(賃料)で貸すような場合には,BのAに対する賃料支払に関する債務関係(Aのがわからいえば債権関係)は,かなり長期間にわたって存続する。つまり,BはAに1ヵ月5万円を支払わねばならないという基本的な債務が存在するとともに,毎月5万円を決められた日に支払うべきであるという個別具体的な債務が生じるにいたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android