コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継続的債権関係 けいぞくてきさいけんかんけい

1件 の用語解説(継続的債権関係の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいぞくてきさいけんかんけい【継続的債権関係】

一般的には,債権関係は,売買代金の一括支払のように,債務者の1回きりの給付によって,その目的を達して消滅する。しかし,AがBにその所有建物を1ヵ月5万円の家賃(賃料)で貸すような場合には,BのAに対する賃料支払に関する債務関係(Aのがわからいえば債権関係)は,かなり長期間にわたって存続する。つまり,BはAに1ヵ月5万円を支払わねばならないという基本的な債務が存在するとともに,毎月5万円を決められた日に支払うべきであるという個別具体的な債務が生じるにいたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

継続的債権関係の関連キーワード準消費貸借決済現実売買債権行為掛売買売買代金売買高一括決済債権者主義商品先物取引

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone