コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

維摩居士 ゆいまこじ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆいまこじ【維摩居士】

大乗仏教の一経典《維摩詰所説経》(クマーラジーバ訳,略称《維摩経》)の中で中心となって活躍する居士の名。〈維摩〉は〈維摩詰〉の略名で,サンスクリットの原名はビマラキールティVimalakīrti。同経の別訳(玄奘訳)が〈無垢(むく)称〉と訳しているように〈無垢という評判をとった(人)〉という意で,〈浄名(じようみよう)〉とも訳される。この人物は,経典中では仏在世当時,リッチャビーLicchavī(離車)族の都市国家バイシャーリーVaiśālī(毘舎離。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の維摩居士の言及

【居士仏教】より

…この時代にいたると,居士仏教は在家仏教とほぼ同じ意とみなされるがそれでもやはり,居士は知識のある指導者的在家の意味あいが深い。大乗経典の中で居士として有名な人物は《維摩経》の主人公の維摩であり,釈尊の直弟子の著名な出家者たちが,在家の維摩居士により空の立場から痛烈な批判を浴びるという内容である。また大乗経典にはしばしば,良い家柄の男女を意味する善男子(クラプトラkulaputra)・善女人(クラドゥヒトリkuladuhitṛ)の語がみられ,これら種々の在家者が大乗仏教の主たる担い手であったことが推察される。…

※「維摩居士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

維摩居士の関連キーワード在家(仏教)定慶(1)法華寺石山寺脇息文清方丈定慶啖呵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

維摩居士の関連情報