コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

維馨梵桂 いけい ぼんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

維馨梵桂 いけい-ぼんけい

1404-1491* 室町時代の僧。
応永11年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都相国(しょうこく)寺の元容周頌の法をつぐ。寛正(かんしょう)3年から3度にわたり相国寺住持をつとめ,同寺の復興に尽力。この間文明5年鹿苑(ろくおん)院主となり僧録をかねた。のち鹿苑寺住持。延徳2年12月5日死去。87歳。別号に泰雲,東蘆。著作に「東蘆吟稿」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

維馨梵桂の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android