コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

維馨梵桂 いけい ぼんけい

1件 の用語解説(維馨梵桂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

維馨梵桂 いけい-ぼんけい

1404-1491* 室町時代の僧。
応永11年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都相国(しょうこく)寺の元容周頌の法をつぐ。寛正(かんしょう)3年から3度にわたり相国寺住持をつとめ,同寺の復興に尽力。この間文明5年鹿苑(ろくおん)院主となり僧録をかねた。のち鹿苑寺住持。延徳2年12月5日死去。87歳。別号に泰雲,東蘆。著作に「東蘆吟稿」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

維馨梵桂の関連キーワード四国横断自動車道雄国沼山名持豊青髯伝説勘合符勘合貿易日明貿易足利義昭汪応祖高師英

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone