コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綰く タク

デジタル大辞泉の解説

た・く【×綰く】

[動カ四]
髪をかき上げて束ねる。
「人皆は今は長しと―・けと言へど」〈・一二四〉
舟をあやつる。
「大舟を荒海(あるみ)に漕ぎ出で八(や)舟―・け我が見し児らがまみは著(しる)しも」〈・一二六六〉
《「だく」とも》手綱をあやつる。
「石瀬野(いはせの)に馬―・き行きてをちこちに鳥踏み立て」〈・四一五四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たく【綰く】

( 動四 )
〔手を使って動作する意か〕
髪をかき上げる。すいて束ねる。 「 - ・けばぬれ-・かねば長き妹が髪/万葉集 123
力いっぱい舟をこぐ。 「大船を荒海あるみに漕ぎ出で八船-・け/万葉集 1266
〔「だく」とも〕 馬の手綱を操る。 「石瀬野いわせのに馬-・き行きて/万葉集 4154
たぐり上げる。 「あまのなは-・きいさりせむとは/古今 雑下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

綰くの関連キーワード万葉集抱く

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android