網目状構造(読み)あみめじょうこうぞう(英語表記)netted structure

  • network structure

岩石学辞典の解説

輝石が変化して蛇紋石が形成される際に,化学変化が劈開(へきかい)面に沿って進行し,互いに直角に近い角度で交差して網目状に似た構造となるもの[Hatch : 1888].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

分子が網目状に結合した構造.無機物質におけるガラスは,構成分子であるSiO結合が網目状に結合した非晶状態である.高分子物質では,酸化反応,加硫,放射線照射などにより分子間橋かけ反応により,三次元的に網目状構造が形成される.架橋密度が低い網目状高分子では,ゴム的な性質を示し,溶媒に溶解せず,膨潤してゲル状になるが,架橋密度の高い場合には,ゴム的性質を示さず膨潤しない硬い材料となる.網目密度は,膨潤度から求められる.化学的に分子間に架橋構造が形成されていない場合でも,高分子の分子量が大きくなると,分子間でからみあいが形成され,一時的に網目状構造(擬似網目)が形成される.寒天やゼラチンのようなゲル状の物質も網目状構造をとっている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android