綿花収穫機(読み)めんかしゅうかくき(英語表記)cotton harvester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿花収穫機
めんかしゅうかくき
cotton harvester

綿摘み機ともいう。綿花は結実がふぞろいであるため収穫は人力に頼るところが大きく,非常な労力を要していたが,近年は高性能機が開発され,収穫は能率化している。 蒴cotton bollごと摘み取るストリッパ型と,蒴の中の繊維のついた種子だけを摘み取るピッカー型とがある。ストリッパ型は未熟綿も一緒に摘んでしまうので,蒴が全部成熟するまで畑におくことのできる乾燥地で使用され,草丈が低く短毛で,成熟が早く,蒴の開き方の狭い品種に適する。ピッカー型は手摘みと同じなので収穫物の品質がよく,草丈が中ぐらいで横に広がらず,長毛で,蒴が大きく開く品種に適する。能率は手摘みに比べ,前者が 25~35人分,後者が 40~50人分に相当。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android