綿貫哲雄(読み)わたぬきてつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿貫哲雄
わたぬきてつお

[生]1885.8.3.
[没]1972.11.20. 東京
社会学者。 1914年東京帝国大学卒業後,東京高等師範学校教授,東京文理科大学教授,文部省官学官を兼ね,36年東京帝国大学教授。晩年は中央大学教授。専門は社会意識論で,心理学的社会学の W.G.サムナー,C.H.クーリー,É.デュルケムの影響を受けた。特に明治維新前後の勤王の志士らの実証研究などで知られる。主著『社会心理学』 (1928) ,『社会意識』 (28) ,『社会過程』 (32) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる