緋桃(読み)ヒモモ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐もも【×緋桃】

花が濃紅色の桃。ひとう。 春》「―咲き畑まっすぐに畝つくる/白葉女」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐とう ‥タウ【緋桃】

〘名〙
① =ひもも(緋桃)〔文明本節用集(室町中)〕
② ひもも色のこと。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録六「衣の色は〈略〉カメロンは緋桃(ヒタウ)を用ゆ」 〔唐彦謙‐緋桃〕

ひ‐もも【緋桃】

〘名〙 モモの、花の色が緋色のもの。ひとう。《季・春》
※浮世草子・風俗遊仙窟(1744)二「仙家かな担桶(たご)に緋桃(ヒモモ)の影清き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android