コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総ビリルビン(T-Bil) そうびりるびん

1件 の用語解説(総ビリルビン(T-Bil)の意味・用語解説を検索)

生活習慣病用語辞典の解説

総ビリルビン(T-Bil)

主に黄疸 (皮膚や目が黄色くみえるような状態) を調べる検査のこと。寿命を終えた赤血球ヘモグロビンが変化してできた物質で、胆汁の成分であり、大便の色のもとになるものです。胆道の通過障害が起こると、行き場のなくなった胆汁に含まれるビリルビンが血液中に入り込んで、黄疸が表れます。肝臓とその他の数値と一緒に高いときには、胆石や胆道、肝臓、すい臓の腫瘍が考えられます。ただし、まれに体質的に空腹時にビリルビンが高くなる方もいます。QUPiO では 0.3-1.2mg/dl を正常値としています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総ビリルビン(T-Bil)の関連キーワード黄疸黄色腫蟻走感嘴が黄色い黄雲黄塵黄葉ひりひり組違える

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone