コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総資本回転率 そうしほんかいてんりつcapital turnover

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総資本回転率
そうしほんかいてんりつ
capital turnover

売上高を総資本で除した比率。1年間に総資本の何倍の売上高があったかを示すものであり,純売上高÷期首・期末平均資本の公式で示される。この比率が高いほど総資本の活動がうまく行われていることを意味し,総資本の利用度合い,総資本の活動能率,回転状態を示すものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

株式公開用語辞典の解説

総資本回転率

決算書の数値などを基に、経営を量的に分析する財務諸表分析の一つ。 事業年度において、企業が総資本をどの程度効率的に活用しているかをみるもの。事業に投資をした総資本は、売上によって回収されるが、その状況を表す。総資本が売上高を通じて何回新しいものになるのか回転数として示される。同じく総資産回転率は、求められる値は、総資本回転率と同じものとなるが、企業が総資産をどの程度効率的に活用しているのかとみるものである。回転数は、高ければ高いほど、総資本(総資産)が効率的に活用されていると判断することができる。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

総資本回転率

売上高(年額)/総資本(回)。 投下された資本が、1年間の売上高によって何回回収されたかを示す指標。回転率が高いほど、資本が効率よく運用されていることになる。逆に回転率が低いと、資本運用にムダがあるといえ、これが収益性を下げる一因となる。 総資本回転率は、流動資産回転率(流動資産の運用効率)×固定資産回転率設備投資の効率)に分解できる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

総資本回転率の関連キーワード総資本経常利益率株主資本回転率総資本利益率決算書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android