コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総釣 ソウヅリ

デジタル大辞泉の解説

そう‐づり【総釣】

江戸時代、元禄(1688~1704)のころに流行した髪形下げ島田に結い、全体を(こうがい)で浮かせて釣ったもの。女子・若衆などが結った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうづり【総釣】

元禄時代(1688~1704)に流行した髪の結い方の一。投げ島田に結い、鬢びん・髱たぼの分け目をつけず、笄こうがいで髷の部分をつり上げたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

総釣の関連キーワード投げ島田江戸時代元禄時代