緑の週間(読み)みどりのしゅうかん

精選版 日本国語大辞典「緑の週間」の解説

みどり【緑】 の 週間(しゅうかん)

四月二三日から二九日までの一週間。ただし、九州では一月早く、北海道では一月遅れる。濫伐された山林資源の復旧や都市の緑化を目的とする。昭和二三年(一九四八)に四月一日から七日までの一週間と定め、平成元年(一九八九)より四月二九日のみどりの日を最終日とする現在の日程に変更された。昭和二五年からは緑化委員会が設立され、緑の羽根街頭募金を行なったり、全国で公共的植樹を行なうための資金を集めたりしている。緑化週間。《

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緑の週間」の解説

みどり‐の‐しゅうかん〔‐シウカン〕【緑の週間】

緑化推進を目的に毎年設けられる4月23~29日の1週間。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android