緑の週間(読み)ミドリノシュウカン

デジタル大辞泉の解説

みどり‐の‐しゅうかん〔‐シウカン〕【緑の週間】

緑化推進を目的に毎年設けられる4月23~29日の1週間。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みどり【緑】 の 週間(しゅうかん)

四月二三日から二九日までの一週間。ただし、九州では一月早く、北海道では一月遅れる。濫伐された山林資源の復旧や都市の緑化を目的とする。昭和二三年(一九四八)に四月一日から七日までの一週間と定め、平成元年(一九八九)より四月二九日のみどりの日を最終日とする現在の日程に変更された。昭和二五年からは緑化委員会が設立され、緑の羽根の街頭募金を行なったり、全国で公共的植樹を行なうための資金を集めたりしている。緑化週間。《季・春》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android