コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方城次郎 おがた じょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方城次郎 おがた-じょうじろう

1844-1905 明治時代の官吏。
弘化(こうか)元年生まれ。緒方洪庵の3男。慶応元年幕府のロシア留学生となる。帰国後大蔵省にはいり,のち新潟県判事,帝国大学病院薬局取締となった。退官後は緒方病院の薬局長をつとめた。明治38年3月20日死去。62歳。大坂出身。名は惟孝(これたか)。編著和露辞典「魯語箋」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

緒方城次郎の関連キーワード明治時代弘化官吏

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android