コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

編組工芸(読み)へんそこうげい(英語表記)binding craft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

編組工芸
へんそこうげい
binding craft

編んだり,組んだりして制作された手工芸品をいう。竹, (とう) ,ふじ,あけび,柳,がま,麦わらなどを素材とし,これら材料の多い中国,東南アジア,日本で古くから家具敷物すだれ,その他各種の生活用具に使われた。機能的な実用性,柔軟で堅牢な材質,斬新なデザインなどの点で独自の特性をもっている。技術の面で機械化が困難であるため工芸的な特徴を保ち続けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android