編集図(読み)へんしゅうず

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

編集図
へんしゅうず

地図をその作成方法によって大別したときの一つで、実際の測量・調査の結果から直接まとめて作成される実測図に対して、それらの実測図や各種の資料から編集してつくられる地図をいう。一般に、縮尺の大きい地図が実測図であるのに対して、縮尺のより小さい地図は編集図であることが多い。国土地理院発行の縮尺5万分の1の地形図は当初は実測図であったが、現在では2万5000分の1の地形図を基にした編集図となっている。20万分の1の地勢図は5万分の1の地形図からの、50万分の1の地方図は20万分の1の地勢図からの編集図である。縮尺の小さい主題図も編集図といえる。また、統計数値を地図に表現する統計地図も一種の編集図であり、社会科地図帳や市販の地図帳なども編集図からなっている。[五條英司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android