コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞伊佐木 シマイサキ

デジタル大辞泉の解説

しま‐いさき【××伊佐木】

スズキ目シマイサキ科の海水魚。全長約20センチ。体は長楕円形で吻(ふん)がとがる。体色は灰青色で、体側黒色の太い線が4本、細い線が3本、交互に走る。浮き袋で発音する。南日本分布食用。うたうたい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまいさき【縞伊佐木】

スズキ目の海魚。全長30センチメートルに達する。体は長卵形で側扁する。体色は灰緑色で、体側に数本の灰褐色の縦帯がある。沿岸にすみ、河口域にも集まる。うきぶくろを伸縮して音を出す。食用。本州中部以南に分布。ウタウタイ。スミヤキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

縞伊佐木 (シマイサキ)

学名:Terapon oxyrhynchus
動物。シマイサキ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

縞伊佐木の関連キーワードウタウタイスミヤキ河口域灰褐色灰緑色海魚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android