コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞枯山 しまがれやま

世界大百科事典 第2版の解説

しまがれやま【縞枯山】

紀伊半島から奥日光の間の表日本側の亜高山帯シラベ林にみられる特有の縞状の立枯れ現象のおこっている山。その主要な地域は八ヶ岳山系と奥秩父山系の西部であって,八ヶ岳北部には縞枯山という固有名の山もある。縞枯れ現象は平たんな稜線とこれに続く南面の緩斜な山腹上部にみられ,斜面中腹以下ではみられない。斜面上部ではシラベの根も浅く生育不良のうえ,密生しているので風に対して弱い。台風が吹き抜けるときに線状になぎ倒される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の縞枯山の言及

【八ヶ岳】より

…狭義には主峰赤岳(2899m)を中心として南北に連なる西岳,編笠(あみがさ)山,権現岳,阿弥陀(あみだ)岳,横岳,硫黄岳,峰ノ松目などの山列を指す。近年はこれらを南八ヶ岳としてまとめ,夏沢峠以北の根石岳,天狗岳,中山,縞枯(しまがれ)山,横岳などを北八ヶ岳として,両者を合わせて南北20km以上にわたって連なる標高2200~2900mの山列を八ヶ岳と呼ぶのが一般的となった。南北いずれもフォッサマグナの地域に,第三紀層を基盤として生じた火山群である。…

※「縞枯山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

縞枯山の関連キーワード紀伊半島