コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中澄江 たなかすみえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中澄江
たなかすみえ

[生]1908.4.11. 東京
[没]2000.3.1. 東京
劇作家,随筆家。旧姓辻村。 1932年東京女子高等師範学校を卒業後,聖心女子学院の講師となり,34年劇作家田中千禾夫と結婚。 39年6月,最初の長編戯曲『はる・あき』が文学座,千禾夫演出によって上演され,劇界にデビュー。第2次世界大戦後も『ほたるの歌』 (1949) ,『鋏』 (55) ,『つづみの女』 (58) ,『がらしあ・細川夫人』 (59) など一貫して女性の生き方を追求した。また新派前進座など大劇場向きの作品や映画,テレビなどのシナリオも多く執筆。山に関するエッセイも多い。ブルーリボン賞脚本賞,NHK放送文化賞,芸術選奨文部大臣賞,読売文学賞など受賞多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中澄江 たなか-すみえ

1908-2000 昭和-平成時代の劇作家,小説家。
明治41年4月11日生まれ。田中千禾夫(ちかお)の妻。昭和27年カトリック受洗。「がらしあ・細川夫人」などの戯曲や映画シナリオ,小説に活躍。49年「カキツバタ群落」で芸術選奨,56年「花の百名山」で読売文学賞,平成8年「夫の始末」で女流文学賞。登山家としても知られた。平成12年3月1日死去。91歳。東京出身。東京女高師(現お茶の水女子大)卒。著作はほかに「奇蹟の聖地ルルド」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たなかすみえ【田中澄江】

1908~2000) 劇作家。東京生まれ。東京女子高等師範卒。「京都の虹」などの「私戯曲」から歴史に取材した「つづみの女」などに転換。テレビ・映画のシナリオや、小説にも手を染める。小説「カキツバタ群落」「夫の始末」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中澄江
たなかすみえ
(1908―2000)

劇作家、小説家。東京生まれ。旧姓辻村(つじむら)。東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)国文科在学中から『舞台』『劇作』に投稿。1934年(昭和9)劇作家田中千禾夫(ちかお)と結婚。最初の長編戯曲は39年文学座上演の『はる・あき』。第二次世界大戦後、私戯曲といわれる『悪女と眼(め)と壁』(1948)を第一作に、『京都の虹(にじ)』(1950)、『鋏(はさみ)』(1955)、『つづみの女』(1958)などを発表、自我意識の強い女性の眼と豊かな感性に基づき、夫婦および男女の愛憎を描いた。1952年(昭和27)にはカトリックの洗礼を受け、『がらしあ・細川夫人』(1959)、創作オペラ台本『二十六人の殉教』(1997・長崎初演)もある。1949年から映画シナリオの執筆が多く、1960年代の後半からは小説にも筆を染め、『カキツバタ群落』(1973)で芸術選奨文部大臣賞を受賞。病床の夫との交流を描いた『夫の始末』(1995)も注目を浴びた。登山愛好家としても知られ、『花の百名山』などの著書もある。[石澤秀二]
『『田中澄江戯曲全集』全2巻(1959・白水社) ▽『カキツバタ群落』(1973・講談社) ▽『花の百名山』(文春文庫、愛蔵版再刊1997・文芸春秋)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田中澄江の関連キーワード二十四の瞳〈第2部〉キリスト教文学我が家は楽し女の足あと女囚と共に二十四の瞳しろばんば荒木 道子獅子の座劇作家うず潮少年期流れる杏っ子夜の蝶夜の河放浪記晩菊稲妻めし

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中澄江の関連情報