コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中澄江 たなかすみえ

4件 の用語解説(田中澄江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中澄江
たなかすみえ

[生]1908.4.11. 東京
[没]2000.3.1. 東京
劇作家,随筆家。旧姓辻村。 1932年東京女子高等師範学校を卒業後,聖心女子学院の講師となり,34年劇作家田中千禾夫と結婚。 39年6月,最初の長編戯曲『はる・あき』が文学座,千禾夫演出によって上演され,劇界にデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中澄江 たなか-すみえ

1908-2000 昭和-平成時代の劇作家,小説家。
明治41年4月11日生まれ。田中千禾夫(ちかお)の妻。昭和27年カトリック受洗。「がらしあ・細川夫人」などの戯曲や映画シナリオ,小説に活躍。49年「カキツバタ群落」で芸術選奨,56年「花の百名山」で読売文学賞,平成8年「夫の始末」で女流文学賞。登山家としても知られた。平成12年3月1日死去。91歳。東京出身。東京女高師(現お茶の水女子大)卒。著作はほかに「奇蹟の聖地ルルド」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たなかすみえ【田中澄江】

1908~2000) 劇作家。東京生まれ。東京女子高等師範卒。「京都の虹」などの「私戯曲」から歴史に取材した「つづみの女」などに転換。テレビ・映画のシナリオや、小説にも手を染める。小説「カキツバタ群落」「夫の始末」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中澄江
たなかすみえ
(1908―2000)

劇作家、小説家。東京生まれ。旧姓辻村(つじむら)。東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)国文科在学中から『舞台』『劇作』に投稿。1934年(昭和9)劇作家田中千禾夫(ちかお)と結婚。最初の長編戯曲は39年文学座上演の『はる・あき』。第二次世界大戦後、私戯曲といわれる『悪女と眼(め)と壁』(1948)を第一作に、『京都の虹(にじ)』(1950)、『鋏(はさみ)』(1955)、『つづみの女』(1958)などを発表、自我意識の強い女性の眼と豊かな感性に基づき、夫婦および男女の愛憎を描いた。1952年(昭和27)にはカトリックの洗礼を受け、『がらしあ・細川夫人』(1959)、創作オペラ台本『二十六人の殉教』(1997・長崎初演)もある。1949年から映画シナリオの執筆が多く、1960年代の後半からは小説にも筆を染め、『カキツバタ群落』(1973)で芸術選奨文部大臣賞を受賞。病床の夫との交流を描いた『夫の始末』(1995)も注目を浴びた。登山愛好家としても知られ、『花の百名山』などの著書もある。[石澤秀二]
『『田中澄江戯曲全集』全2巻(1959・白水社) ▽『カキツバタ群落』(1973・講談社) ▽『花の百名山』(文春文庫、愛蔵版再刊1997・文芸春秋)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中澄江の関連キーワード北村想斎藤憐坂手洋二謝名元慶福堤春恵永井愛中西武夫野口達二原千代海真山美保

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中澄江の関連情報