コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ひも string; cord

9件 の用語解説(紐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ひも
string; cord

物を結んだり,束ねたりするために,絹や毛,麻や木綿,化学繊維,紙,革などを組んだり,編んだり,縫い合せたりした細長いもの。日本では縄文時代の土器とともに,約1万年も前の紐のたぐいの出土がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅう【紐】[漢字項目]

ちゅう

ちゅう【紐】[漢字項目]

人名用漢字] [音]チュウ(チウ)(慣) ジュウ(ヂウ)(漢) [訓]ひも
〈チュウ〉ひも。「紐帯(ちゅうたい・じゅうたい)
〈ひも〉「革紐靴紐組紐腰紐
[名のり]くみ
[難読]紐育(ニューヨーク)

ひぼ【×紐】

ひも」の音変化。
「年来(としごろ)誦(よ)み給ひける持経の―を解き」〈太平記・一〇〉

ひも【×紐】

物をしばったり束ねたりするのに用いる細長いもの。ふつう、より太く、より細いものにいう。布・麻・化学繊維・紙・革などで作る。ひぼ。「羽織のを結ぶ」「小包のを解く」
物事を背後から支配すること。引き替えの条件。「のついた援助」
女性を働かせて金をみつがせる情夫。「あの女にはがついている」
ホタテガイアカガイなどの外套膜(がいとうまく)の部分。
綱(つな)[用法]
[下接語]顎(あご)紐後ろ紐打ち紐負ぶい紐掛け紐・飾り紐・革紐括(くく)り紐絎(くけ)紐靴紐組み紐腰紐ゴム紐真田(さなだ)紐しで紐付け紐綴じ紐平(ひら)紐結び紐胸(むな)紐

ちゅう〔チウ〕【紐】

梵鐘の部分の名。乳(ち)の間池の間草の間を区画する二本の線。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

紐【ひも】

糸・布ぎれなどを組み,編むなどして太さをもたせ細長くしたもの。物を結んだり束ねたりするのに使用。組紐,織紐,編紐のほか裁ち紐,数本を糊料で固めた束ね着紐などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ひぼ【紐】

「ひも(紐)」の転。 「から組の-長やかに/浜松中納言 1

ひも【紐】

物をくくったり、結んだり、しばりつけたりする細長いもの。糸より太く、綱より細いものをいう。ひぼ。 「 -を解く」 「荷物に-を掛ける」
女を働かせ金品をみつがせている情夫を俗にいう語。
何らかの制限を加えて、自由を奪うもの。 「 -のついた融資」 「 -つき」
〔その形状から〕 アカガイ・ホタテガイなどの外套膜。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紐の関連キーワード宇宙時空振動ずれ端物エー狂乱げろ仏・佛・物神男女狂鬼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紐の関連情報