(読み)ヒモ

デジタル大辞泉「紐」の解説

ひも【×紐】

物をしばったり束ねたりするのに用いる細長いもの。ふつう、より太く、より細いものにいう。布・麻・化学繊維・紙・革などで作る。ひぼ。「羽織のを結ぶ」「小包のを解く」
物事を背後から支配すること。引き替えの条件。「のついた援助」
女性を働かせて金をみつがせる情夫。「あの女にはがついている」
ホタテガイアカガイなどの外套膜がいとうまくの部分。生食のほか、乾物として料理や酒肴に利用される。貝ひも。
つな[用法]
[下接語]あご後ろ紐打ち紐負ぶい紐掛け紐・飾り紐・革紐くくり紐くけ靴紐組み紐腰紐ゴム紐真田さなだしで紐付け紐綴じ紐ひら結び紐むな
[類語](1荒縄細引きテープしめ縄命綱帆綱ロープザイル/(3愛人恋人情人いろ彼氏彼女いい人思い人思い者情夫間夫間男色男男妾若い燕情婦手掛け二号側室側女そばめ愛妾囲い者思い者内妻色女手つき一夜妻ボーイフレンドガールフレンドラバーフィアンセダーリンハニーパートナーアモーレ

ちゅう【紐】[漢字項目]

人名用漢字] [音]チュウ(チウ)(慣) ジュウ(ヂウ)(漢) [訓]ひも
〈チュウ〉ひも。「紐帯ちゅうたい・じゅうたい
〈ひも〉「革紐靴紐組紐腰紐
[名のり]くみ
[難読]紐育ニューヨーク

ひぼ【×紐】

ひも」の音変化。
年来としごろみ給ひける持経の―を解き」〈太平記・一〇〉

ちゅう〔チウ〕【紐】

梵鐘の部分の名。の間池の間草の間を区画する二本の線。

じゅう【紐】[漢字項目]

ちゅう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「紐」の解説

ひも【紐】

〘名〙
① 物を結んだり束ねたりする、縄状のもの。ふつう、糸より太く、帯・綱より細いものをいう。布製・革製・紙製・麻製など、種々ある。ひぼ。
書紀(720)允恭八年二月・歌謡「ささら形 錦の臂毛(ヒモ)を 解き放けて あまたは寝ずに ただ一夜のみ」
② 水商売の女や娼婦などに金銭をみつがせている情夫。
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉一一「やけでお若は浮気をする。紐がつく、が搦む」
かげで操り、支配するもの。また、その条件となるもの。→紐付き
④ (形状が①に似るところから) アカガイやホタテガイの外套膜をいう。

ひぼ【紐】

〘名〙 「ひも(紐)」の変化した語。
※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)二「紐(ヒホ)て絇(わひほ)に内(い)れて」

ちゅう チウ【紐】

〘名〙 物をたばねたり結んだりする布、革、糸など。ひも。〔儀礼‐既夕礼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「紐」の解説


ひも
string; cord

物を結んだり,束ねたりするために,や毛,麻や木綿,化学繊維,紙,革などを組んだり,編んだり,縫い合せたりした細長いもの。日本では縄文時代土器とともに,約1万年も前の紐のたぐいの出土がある。原形のはっきりしたものは,古墳から鏡,刀剣とともに発掘されている。特に日本では鎌倉室町,江戸時代には工芸組紐として武器武具,芸能用具,宗教用具,衣服などに用いられた。組織別にみると,組紐 (打ち紐) ,織り紐,編み紐,裁ち紐,くけ紐,束ね紐,合成紐などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「紐」の解説

紐【ひも】

糸・布ぎれなどを組み,編むなどして太さをもたせ細長くしたもの。物を結んだり束ねたりするのに使用。組紐織紐編紐のほか裁ち紐,数本を糊料で固めた束ね着紐などがある。絹,木綿,毛糸,紙,ビニルなどを材料とし,古くから装飾用にも使用された。真田(さなだ)紐は幅0.5〜5cmの平打紐で真田氏(つか)糸に用いたのに始まるという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android