コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繁沢規世 はんざわ のりよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

繁沢規世 はんざわ-のりよ

1732-1806 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)17年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。長崎に遊学し,藩校明倫館の講師,のち学頭となる。安永4年側儒格となり,江戸で藩主毛利治親(はるちか)の子斉房(なりふさ),多美姫の侍講をつとめた。文化3年11月12日死去。75歳。本姓は上領(かみりょう)。通称は権右衛門。号は豊城。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

繁沢規世の関連キーワード中村牛荘

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android