コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田信親 おだ のぶちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田信親 おだ-のぶちか

1851*-1927 幕末-昭和時代前期の大名,華族。
嘉永(かえい)3年12月25日生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)成羽(なりは)藩主山崎治正(はるまさ)の次男。織田信民の養子となり,慶応元年丹波柏原(かいばら)藩(兵庫県)藩主織田家(高長系)10代。幕末の激動期には勤王藩論を統一した。維新後,東京にうつり宮内省につとめた。子爵。昭和2年10月30日死去。78歳。初名は信成。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

織田信親の関連キーワード嘉永華族

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android